歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » 趣味のおケイコ向け・ボーカルスクールを知る » レッスンの雰囲気

レッスンの雰囲気

このページでは、ボーカルスクールのレッスン形態、雰囲気、レッスン内容についてまとめています。

プロ志向の人、趣味の習い事感覚の人で同じレッスンを受けるのか?など気になる点について詳しくお教えします。

歌上達ならコレ!~ボーカルスクールのレッスン形態

レッスンは1人の先生に対して、何人くらいの受講者で行うか、3つの形態に分けました。

スクールによって、どういう形でレッスンを行っているかは異なりますので、自分に合った形を選ぶのも大事なポイントになります。

少人数レッスン

同じレッスンを受ける人たちと○人一組で、先生に教えてもらう形ですね。少人数のため、先生の目が届きやすく充実したレッスンが受けられます。

人数が少ない分、ほかの生徒さんと話す機会も多いので、アットホームで互いに刺激がし合える環境に期待ができます。

マンツーマンレッスン

先生と1対1でのレッスンです。先生が自分のレベル、目標に合ったレッスンを行ってくれるので、充実度はかなり高いです。

あまりよく知らない人の前で歌いたくないという方も、先生との1対1ならどうでしょう?

グループレッスン

○人一組で先生に教えてもらう形です。少人数レッスンと一緒?と思いますが、人数がどれほどなのかが分かりません。グループレッスンの場合は、人数がどれくらいなのか確認をした方がいいかもしれません。

人数によって、自分が先生に教われる時間は、大きく変わってしまいますからね。

ボーカルスクールのレッスン雰囲気は?

グループレッスンとマンツーマンレッスン、スクール自体の雰囲気。3点の雰囲気をまとめました。

グループレッスンの雰囲気

グループにはプロ志向の人、カラオケが上手くなりたい人、さまざまな人がいますが、皆歌が好きな人、歌が上手くなりたくてボーカルスクールに入った人達のグループなので、アットホームな印象を受けます。先生方が経験豊富で、そんな雰囲気を作るのが上手いのもあるんでしょうね。

上手い人が苦手な人に、ちょっとしたアドバイスをしているシーンも見かけます。

「グループ内の人にライバル意識が芽生えて、上達に好影響が!」なんて方もいらっしゃいました。

マンツーマンレッスンの雰囲気

こちらもやはり先生方が経験豊富でうまく緊張をほぐしてくれます。レベルや目標に応じて、先生がカリキュラムを作ってくださるので自分が目指すレベルアップには一番近いかもしれません。

1対1による密なアドバイスは、あなたの弱点克服、長所向上にきっと大きく貢献してくれます。

スクール自体の雰囲気

受付のスタッフさん達も元気に挨拶してくれるので、レッスン前の不安や緊張も和らぐことでしょう。

ロビーなどに、歌に熱心な生徒さんもたくさんいますので、そんな光景を見て、その熱に好影響を受けたという生徒さんもいらっしゃいました。

講師の先生の他にも、受講者1人1人に担当のカウンセラーをつけてくれるスクールもあり、さまざまな相談を受けてくれます。

気になるボーカルスクールのレッスン内容は?

ボーカルスクールのレッスンで、重視されている2点について説明します。

ボイストレーニング(ボイトレ)

歌の基礎を身に付けるものです。音域を広くしたい!声量をもっと上げたい!などの悩みを、姿勢、筋肉や喉、舌の使い方など細かく指導をしてもらえます。

独学でのボイトレは、間違ったボイトレを知らずに続け、無理に喉を使ってしまい、声帯を痛める原因になってしまうこともありますので、専門家についてもらう方が安心できます。

ヴォーカル実技

歌唱技術を高める内容が主になります。いくら声量が大きくて、音域が広くても、歌声の感情が分かりづらい、曲にそぐわない場合うまいと感じるでしょうか?これは「表現力」という技術になります。

ボーカルスクールでは歌唱技術を、専門の先生に教えてもらうことができます。この曲はこんな感情で歌うといい、あなたの声質はこんな感情に合うなど、プロ目線のアドバイスももらえるかもしれません。

レコーディングをして自分の声を聴くという、めったに出来ない経験ができるスクールもありますよ。

プロに教わることで、あなたの歌はよりレベルアップが見込めます。