歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » ボーカルレッスン情報局

ボーカルレッスン情報局

ボイストレーニングというと、歌手の卵やプロアーティストが受けるものという印象があるかもしれません。しかし、実はこれ、大きな勘違いなんです。ボイストレーニングは、基本的にどんな人でも受けることができます。

歌が上手くなりたい、カラオケが上達したい、声を出してストレス発散したいなど、どんな目的の人でもボーカルスクールに通っていいんです。下手だから恥ずかしいと思っている人もいるかもしれませんが、下手だからこそ、上手くなりたいからこそ通うのが、ボーカルスクール。その手助けをするのが講師の役目です。恥ずかしがることはないですよ!

しかし、初めて通うボーカルスクールには、不安や疑問がつきものですよね。そこで、このカテゴリでは、よいスクールを選ぶポイントをまとめて紹介しています。

見学や体験レッスン時の参考にしてみてください。また、ボイトレに関するよくある質問と回答、知っておくと便利なボイトレ用語についてもまとめてみました。知らなくてもスクールできちんと教えてもらえますが、少しでも知識を知っておくと心構えができるものです。ぜひ、目を通してみてください。

スクール選びのコツ

どのスクールを選ぶかによって学べることや、講師の実力などは大きく異なってきます。特に、これからプロとして活躍していきたいと思った場合、どのスクールを選ぶかによってその夢を実現できるかどうかが大きく左右されてしまうでしょう。

自分にぴったりの講師に出会えるか、効率よく実力を高められるかなどはとても重要な問題になってきます。必ず確認しておきたいのが、ボーカル教室や講師の実績が足りているのかどうか?ということ。

講師はただ単に歌がうまければ良いわけではなく、教えるのが上手な方でなければなりません。また、自分にぴったり合うトレーニングを受けることができるのか、なにかあった時にサポートしてもらえるのかといった問題もよく確認しておきたいですね。

スクール選びのポイントについて解説しています。

「スクール選びのコツ」の詳細はこちら

なんでもQ&A

ボイストレーニングに関して多くの方が疑問に感じることをまとめて掲載しています。

例えば、歌を歌うときに必須になってくる高い声を出すためのポイントについて。どうしても高い声が出ない…と悩んでいる方もいますが、中には正しい声の出し方を理解せずに歌っていることが原因のケースもあるため、ボイストレーニングでしっかり学べばそういった問題もクリアできるでしょう。

他にも、ボーカルを希望しているけれど自分の声が好きになれないといった問題や、独学でボイトレはできないのか?といった疑問も解決しているので、気になることがある方はぜひともチェックしてみてくださいね。

また、効率よくボイトレをしていくためには、体力づくりや生活習慣病の考えていく必要があるのですが、具体的なにをすれば良いのかわからない…という方もいるはず。歌うときに役立つ筋力を鍛えたり、肺活量を鍛えるためのポイントなどについてもまとめました。

「なんでもQ&A」の詳細はこちら

知っておくと便利!ボイトレ用語集

ボーカルスクールに通うと、いろいろな専門用語が飛び交います。もちろん、わからないことがあれば質問をすれば教えてもらえますが、できることならばこういった予備知識については事前に身につけておきたいですよね。

そこで、覚えておくと役立つボイトレ用語についても紹介しているので、わからない用語がある方はぜひとも参考にしてみてください。

こちらでご紹介しているのは腹式呼吸・横隔膜呼吸、ヘッドボイス、ファルセット、ビブラート、オクターブ、喚声点、声帯閉鎖、リップロールなどです。腹式呼吸であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。普段私たちは胸式呼吸と呼ばれる方法で呼吸をしていますが、歌を歌うときは腹式呼吸が基本となります。

その他、専門用語をチェックしてみてくださいね。

「知っておくと便利!ボイトレ用語集」の詳細はこちら

働きながら通える?

働き始めてから本格的にボーカルを目指している方も少なくありません。そんなときに気になるのが、働きながらでも通えるボーカルスクールはあるのか?ということですよね。

何となく時間が十分に取れる人でなければ通えないようなイメージがあるかもしれませんが、仕事しながらでもボーカルスクールに通うことは可能です。実際に働いてお金を稼ぎながらその合間を縫ってボーカルスクールに通い、プロデビューを目指している方もたくさんいるのです。
こちらのページでは、働きながらボーカルスクールに通う際のポイントや注意点などについてご紹介しているので参考にしてみてください。

様々なボーカルスクールがありますが、そのすべてが社会人のレッスンに対応しているわけではありません。例えば、働いている時間帯によってはボーカルスクールの開講時間とかぶってしまって通えないところもあるので、そういったところには注意しておきましょう。

自分でスケジュールを整えるなどの必要も出てくるので、適当にスクール選びをしないように注意しなければなりません。

「働きながら通える?」の詳細はこちら
コンテンツ一覧