歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » プロ志向の人向け!ボーカルスクール活用術 » 卒業後にデビューするには

卒業後にデビューするには

想像してください、あなたの歌っている曲が誰かのスマホにダウンロードされ、イヤホンで聞いているのを。想像してください、あなたの歌を聴くために全国から集まった、大きな会場を埋め尽くすほどのファンを。プロになれば、そんな体験ができるかもしれません。

ボーカルスクールからプロデビューするには?

ボーカルスクールにはデビューするチャンスがたくさんあります。レコード会社のスカウトマンが学校主催のオーディションに審査員として招かれることもありますので、積極的に学校内のイベントに参加してみましょう。また、校外のオーディションのお知らせも集まってきますので、そちらにもどんどんチャレンジしてみましょう。

実績のある講師は、多くの生徒をデビューさせているので、デビューするための具体的なアドバイスを受けられます。ベテラン講師の中には芸能事務所のボーカルトレーナーを務めていることもありますので、ボーカルスクールにはデビューに必要なつながりがいくつもあるのです。

このようにボーカルスクールに通うだけでもデビューのチャンスは訪れますので、スクール選びも重要になってきます。さらに音楽制作会社が運営しているボーカルスクールは業界とのつながりが非常に強いこともあり、オーディション対策や自己PRの添削指導なども行っています。スクールのサービスを最大限に活用してください。

ボーカルスクールに行かないとプロになれないのか?

プロになるためには、必ずボーカルスクールに行かなければならないのでしょうか。ボーカルスクールに通わずにデビューした例もありますが、ボーカル以外に作曲のセンスや強烈なカリスマ性など、なにか特別に優れていない限りデビューはできないと考えてください。

そしてボーカルスクールに通っていないと、デビューのチャンスは圧倒的に少なくなります。ボーカルスクールのメリットとして業界とのつながりなど、デビューのチャンスが多いとお伝えしましたが、そのチャンスが全くない上に、正しい基礎が身に付きません。ボーカルスクールの濃密な授業内容を独学で習得するのは間違いなく無理です。

オーディションに合格できるボーカルとは?

歌がうまいだけではなかなかオーディションに合格しません。歌がうまいのは当然なのです。では、歌のうまさや表現力のほかに何が必要になるのでしょうか。プロのボイストレーナーたちの意見をまとめてみました。

自分自身の「世界観」を持つことが何よりも重要。ボーカルスクールで習う技術はあくまでも、自分の表現の幅を広げるためのツールです。そのツールを使って自分の世界観をどう表現していくかを常に考え、実践していく。

世界観を持つために必要なことは「自分の内面を見つめること」、自分は何をしたいのか?何を感じているのか?これに対して答えを持つ。答えは毎日変わってもいいのです。こうした答えをたくさん持っておくと、オーディションのときに自分の世界観で答えることができます。

好きなアーティストが独特の歌い方をしていたりすると、モノマネのような歌い方をしてしまう人がいますが、これは落選する典型的な例になります。審査する側はオーディションのコンセプトに合う人物を探していますので、そのコンセプトに合った自分の世界観を見せましょう。

そして、あきらめないこと。何度も何度もオーディションを受けて、他の人の歌と、自分の歌を比較する。何が悪くて、何がいいのかを発見する。数えきれないほどのオーディションを落ちて、やっとデビューできたボーカリストもいます。あきらめないことも才能なのかもしれません。