歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » プロ志向の人向け!ボーカルスクール活用術 » ボーカル講師になるには

ボーカル講師になるには

「歌で食べていく、歌のプロ」これはステージに立つボーカリストだけの特権ではありません。ボーカリストを支えるボイストレーナーも歌で食べていく歌のプロです。あなたの努力の成果を後世の育成に役立てましょう!

ボーカルスクールのプロ講師ってどんな仕事?

ボーカルスクールで習う呼吸法や発声法をわかりやすく指導するプロフェッショナルが、ボーカル講師またはボーカルトレーナーと呼ばれる職業です。ボイトレのレッスンができる人と言い換えることができますが、そのためには自身の歌唱力を高め、発声や呼吸のメカニズムについて熟知しておく必要があります。そしてなによりも「歌が好き」なことが一番大切です。

生徒は子供からお年寄り、または劇団などで指導することもありますので、教える相手に合わせたレッスンを考え、指導することになります。そして生徒1人1人の癖や魅力を見極めて、成長させることが目的になります。

目指せ!ボーカルスクールのプロ講師「適性」

ボーカルスクールの講師に向いている人はどんな人なのでしょうか。まず、歌の楽しさを誰よりも理解して、それを生徒に伝えることができる人。また多くの生徒と接するため、外交的な性格であることも重要です。わかりやすく熱意をもってレッスンを行い、生徒の成長に心から喜べる人に向いています。

目指せ!ボーカルスクールのプロ講師「収入」

やはりどうしても気になる部分の収入。音楽業界に身を置きながら生活できるのでしょうか。個人の技量などにもよりますが、ボーカルスクール専属になった場合、相場観としては月給18~23万円ほどになります。最初は契約社員やアルバイトからスタートすることが一般的ですが、独立することも可能です。

目指せ!ボーカルスクールのプロ講師「資格」

ボイストレーナーは本来、資格等は必要としませんが講師としての水準を明確にするために様々な協会や連盟、または単一の学校が独自に資格を設定しています。独立開業を目指すのであれば資格は必要ありません。しかし実績がなければとても険しい道のりになります。

ボーカルスクールのプロ講師になるにはどうしたらいいの?

特定のボーカルスクールで働きたい場合は、そのスクールが開いているボーカル講師を養成するコースまたは学科を卒業することが一番の近道です。養成コースを卒業すると、試験を受けずに講師の資格を取得できるスクールもあります。

プロ講師になるための学費や月謝は、ボーカルなど歌唱専門のコースを受けるよりも高額になることがあります。月謝制のところもあれば、半年コースなど期間の定まったものもあるなど、スクールにより様々です。講師としてどのように働きたいかをまず決めてから、その目的に合わせてスクールを選びましょう。