歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » 東京のボーカルスクールを徹底調査 » Being Music School

Being Music School

東京のボーカルスクール、Being Music Schoolの情報を掲載しているページです。

※2015年10月現在、閉校した様です。

東京のボーカル学校・Being Music Schoolの特徴

Being Music Schoolは、音楽制作会社ビーイングのボーカルスクールとして1983年に開校。次世代を担うアーティストの発掘・養成を行うことを目的とした音楽学校です。

著名なアーティストを多数輩出しており、B'zの稲葉浩志は定例オーディションで発掘デビュー前の倉木麻衣や、BREAKERZのDAIGOもボーカルレッスンに参加していたという実績あり。ビーインググループ内のレーベル(VERMILLION RECORDS・GIZA STUDIO・NORTHERN MUSICなど)に所属するアーティストのレッスンも多数行っており、その評価は業界内でも高いものとなっています。

ヴォーカルレッスンクラスでの授業は、週1回60分、決められた曜日と時間で実施。講師は、さまざまなアーティストのボイストレーニングを務めてきたプロばかりが揃います。

コースは、アーティストコース(個人・グループ)とビギナーコース。各コースとも、月に4回のレッスンとなっています。アーティストコースには、30分の追加レッスンを受けられるオプションもあり。回数に関しては相談に応じるとのことです。

年間スケジュールは1年間4期に分かれていますが、入会やレッスンのスタートは随時受付。終了期限は、個人の自主性に任せているためと特に設けられていません。

東京のボーカルスクール4選>>

生徒の声を紹介

レッスンはときに厳しくときに優しく行われ、先生たちには歌の技術だけでなくプロの心得まで教えてもらっています。スタッフの方は1人1人の相談にも親身になって乗ってくれるので、心強い味方という感じです。みんな目的はさまざまですが、多くのことを学び、刺激し合って、お互いを切磋琢磨しあえるスクールだと思います。

スタッフの方々が明るく親切でとても雰囲気がよく、居心地のいいスクールです。通うのが楽しくなりますよ。合宿やライブなど、普通では経験できないイベントもたくさんあり、初心者の人でもステージで歌う経験ができるのも◎。オーディションやビデオ撮影などという授業もあり、プロとしてのパフォーマンスなども学べて有意義です!

スクール情報・各種費用

  • 所在地:東京都港区東麻布3-3-1アイザック東麻布B1
  • アクセス:都営大江戸線「麻布十番」徒歩約5分

<各種費用>

  • 入会金:20,000円
  • ヴォーカルコース(個人60分)月x4回:30,000円
  • ヴォーカルコース(個人30分)月x4回:20,000円
  • ヴォーカルコース(グループ60分)月x4回:15,000円
  • ヴォーカルコース(3ヶ月グループレッスン全48回)1日2時間 x 24日間:15,000円
  • 追加レッスン:ヴォーカルコース(個人30分)1回:5,000円

Being Music Schoolのコース

Being Music Schoolのコースを見ていきましょう。

ヴォーカルレッスン

有名講師を招いたレッスンなどが行われていました。例えば、B.B.クィーンズのヴォーカルとして有名な坪倉唯子さんによるプレミアムレッスンが行われたこともあります。

ソングライティング講座

講師を務めていたのは清岡千穂さんです。こちらは作曲家として活躍されていた方で、代表曲として知られているのがドラゴンボールの主題歌としておなじみの「CHA-LA-HEAD-CHA-LA」。誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。他にも、中森明菜さんや光GENJI、観月ありささんなど様々な歌手に歌曲を提供しています。そういった人気の作曲家が行うレッスンということもあり、人気がありました。

ドラムレッスン講座

ドラムレッスン構造担当していたのは、元FIELD OF VIEWのドラマーである小橋琢人さんです。FIELD OF VIEWと言えば、浅岡雄也さんをヴォーカルとする4人組のロックバンドで、様々なテレビ番組のテーマソングなどにも起用された曲を多数持ちます。このバンドのリーダーとして活躍された方で、バンド解散後もドラマーとして活躍されていました。

ギターレッスン講座

ギターレッスンを担当していたのは、MARBLE TONEの植田浩二さんです。CMソングとして楽曲が起用された経歴を持ちます。やはり、プロとして活躍されている方が講師を務めているコースは魅力ですね。

ダンスレッスン講座

ダンスレッスンも行われていたようですが、詳細は確認できませんでした。

Being Music Schoolの出身者

現在はすでに廃校となってしまったBeing Music Schoolではありますが、様々な歌手の方がここを卒業して音楽活動をしています。その内の何人かについてご紹介しましょう。

稲葉浩志さん

誰もがご存知のB'zのヴォーカルを担当されている方です。1995年に当時は「ビーイング音楽振興会」という名前だったBeing Music Schoolに所属していました。また、ビーイングの斡旋でモデルの仕事を勤めた経験もあるそうです。

この学校に通い始めたきっかけにもなったのが、当時稲葉さんがファンだったLOUDNESSなどのアーティストの名前があったからとのこと。

Being Music Schoolとは非常に関わり合いが強い方だといえます。スクールでレッスンをしていたものの、当時はカラオケを使ったものだったということもあり、基本的に受けられるレッスンは歌のみ。ここから事務所が魅力的な人を見つけて歌手活動への抜擢を行うシステムだったそうです。

スクールの目に留まった稲葉さんは稲葉さん中心となるバンドの結成まで行われたものの、ライブ活動もなく、結果的には自然消滅してしまいました。この時には後にB'zのサポートベーシストとなる明石昌夫さんも在籍していたそうなので、稲葉さんの後の歌手活動にとても重要な時期だったといえるのではないでしょうか。

1997年は初のソロアルバムでミリオンセラーと生という日本音楽史上初めての記録を樹立しただけでなく、他にも様々な記録を残し、現在も歌手として大活躍されています。

DAIGOさん

こちらもバラエティー番組などでも大活躍している人気のミュージシャンです。誰でも顔が思い浮かぶのではないでしょうか。3人組のロックバンドであるBREAKERZのヴォーカルとしても活躍されています。

祖父が元衆議院議員、第74代内閣総理大臣の竹下登さんという話も有名ですよね。また、姉が漫画家の影木栄貴さんで、こちらも人気のある漫画家さんです。

DAIGOさんは、もともと稲葉浩志さんの大ファンだったそうで、数々の影響を受けているそうです。また、デビューのきっかけを作ったのは、ロックボーカリストとしても大人気の氷室京介さんだったとのこと。DAIGOさんを撮影していた写真家の方によって氷室京介さんを紹介され、才能を見いだされたとのことです。

音楽活動自体はスムーズに人気を伸ばしていたとはいえず、何度か挫折や解散を繰り返し、現在のBREAKERZとなりました。BREAKERZ自体も2007年から活動を行っていたものの、一度2013年に活動を休止し、それぞれがソロ活動期間に突入しています。その後は、2015年からは再度活動を開始。2016年には女優の北川景子さんとの結婚を果たしています。現在もタレント活動、歌手活動の両面で大活躍中です。

森友嵐士さん

2016年に活動を再開したT-BOLANのメンバーです。ヴォーカルを担当しているだけでなく、作詞や作曲、編曲を担当。T-BOLANが解散した後はラジオのパーソナリティーを務めたり、横浜アリーナで行われたボクシングの亀田興毅×ファン・ランダエタでは多くの観客の前で国歌独唱をしました。2009年にはソロ活動を開始し、アルバムなども発表。現在も活動されています。

上杉昇さん・柴崎浩さん

ロックバンドとして活動していたWANDSのメンバーです。上杉昇さんはヴォーカルとして、柴崎浩さんはギターを担当していました。2000年に解散してしまいましたが、上杉昇さん・柴崎浩さんの二人については1997年初頭の時点で脱退し、その後はal.ni.co(アルニコ)という音楽ユニットを結成しています。1997年に結成されたものの、2001年には解散となりました。

大黒摩季さん

数々のヒット曲で知られる大黒摩季さんもBeing Music Schoolに在籍していたシンガーソングライターです。以前は楽曲のランキングなどにもたびたび登場していた大黒摩季さんではありますが、2010年に子宮疾患の治療のために活動を休止。他にも数々の病気を患っており、本格的な治療を受けるために無期限での活動休止となりました。

本格的に活動を再開させたのは2015年のことです。楽曲提供による活動を本格化させました。歌手活動も再開されていて、2017年に発表された楽曲は人気アニメ名探偵コナンのオープニングテーマとしても起用されています。

他にも数々の人気ミュージシャンを排出

一部についてご紹介しましたが、他にもロックバンドZYYGのヴォーカルを担当されていた高山征輝さん、ロックバンドであるDEENのドラムやコーラスを担当されていた宇津本直紀さんなどが在籍されていました。

残念ながら閉校という形をたどってはいますが、数々の人気アーティストが知識や実績を身につけていくのに貢献した語学スクールだといえるでしょう。

コンテンツ一覧