歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » ボーカルスクールで学べる正しいボイトレ » 基本的な発声法

基本的な発声法

発声の基本となるのは「喉」と「腹式呼吸」!これをマスターすれば発声は完璧になります。喉と腹式呼吸が発声に必要な理由と習得するための方法をご案内します。

発声トレーニングのときは喉を開く

発声練習では「喉を開いて」とさかんに言われますが、これはいい声を出すために必要なことです。歌声が生まれる場所は「声帯」です。声帯で作られたばかりの声は雑音のような音です。雑音のような音が、口や鼻、喉で共鳴し、舌や唇で音を整えられて、やっときれいな歌声になります。

喉を開く、つまりあくびのときの喉の形にすることで、より共鳴します。良い共鳴が起こると良い歌声になります。しかし、この共鳴を意図的に起こすには練習が必要です。毎日ハミングやロングトーン、スタッカートの練習で共鳴を実感しながら、意識的に共鳴した歌声を出せるようにしていきましょう。

腹式呼吸が発声トレーニングの基本

腹式呼吸という言葉は有名ですが、どういった呼吸法かご存知でしょうか。歌うときに必要な「声の高低」「声量」の変化を自由にコントロールするために横隔膜を繊細に動かします。横隔膜の動きをコントロールする呼吸法を腹式呼吸と呼びます。

腹式呼吸の感覚をつかむ方法はいくつかありますが、わかりやすいのは「仰向けに寝そべる」ことです。筋肉の力を抜かないと腹式呼吸はうまくいきません。仰向けになるのは余計な力が入らないようにするためです。

仰向けになったら自分のお腹に風船が入っているイメージをしてください。そこからゆっくり息を吐きます。息が抜けていくのと同時に風船もしぼんでいきます。お腹がへこんでいけば成功です!また息を吸うと風船はどんどん膨らみます。このように呼吸に合わせてお腹が動くと横隔膜の動きが大きくなり、取り込む息の量も増えます。

仰向けで腹式呼吸ができたら、立ち上がってもう一度試してみてください。寝ながら行ったときよりも難しくなります。姿勢を保つためにも腹筋は使われるので、肩や首などに余計な力が入ってしまって難しくなるのです。腹式呼吸は全身脱力させることがコツです!

発声トレーニングの練習法

喉を開いて、腹式呼吸を使った発声方法で声を出すと喉を傷めません。また発声するときの音をG(ソ)の高さで発声すると音程を保つ練習にもなります。

いざ発声トレーニング!ロングトーン

  1. まず腹式呼吸で息をすべて吐き出します
  2. 腹式呼吸で息を吸い込みます
  3. 喉を開いて「あー」と息の続く限り同じ音程で発声します

声をなるべく遠くに飛ばすように意識してください。やり続けることで声量と肺活量を高める効果も得られます。

いざ発声トレーニング!スタッカート

  1. まず腹式呼吸で息をすべて吐き出します
  2. 腹式呼吸で息を吸い込みます
  3. 喉を開いたまま「あっ!あっ!あっ!」と腹筋を使って音を切ります

横隔膜を使って吐く息を小刻みに出します。腹筋がべこべこ動いていれば成功です。横隔膜をうまくコントロールできるようにしましょう。