歌唱力UPを目指すあなたに 、東京のボーカルスクールを紹介!

HOME » ボーカルスクールで学べる正しいボイトレ » 声量UP法

声量UP法

声量のある歌声は魅力的ですよね。声量をUPすることで歌の持つ力を高めて、心に伝わりやすしてくれます。ボーカルスクールで行っている声量を高める練習法と身体の使い方を解説します。

声量は息を吐くスピードが重要

どのような発声方法が声量を高めるのでしょうか。正解は、息を吐き出すスピードを高めると声量がUPします。具体的な発声方法は「わっ!」と人を脅かすときのような声の出し方です。

ここで気を付けることは、声量を出す練習をして喉に力を入れてしまったり、腹式呼吸ができていなかったりすると、喉を傷めてしまいます。声量UPの前に脱力と腹式呼吸をマスターしましょう。

また、息を吐き出すスピードを高めると息が続かなくなります。肺活量を鍛えるためにも腹式呼吸の練習を続けることが大切です。

ちなみに、脅かすときの声は腹式呼吸や脱力をしていることが多いので、指導内容として盛り込んでいる学校もあります。

声量の本質は脱力と共鳴

息を吐き出すスピードを高めるほかに、歌声を身体で共鳴することも声量UPにつながります。共鳴するには、喉や肩に力を入れず脱力させます。

共鳴とは例えば、太鼓の膜に手を当てて、バチで打ってもあまりいい音は出ません。共鳴していないからです。これは身体に力が入っているのと同様です。太鼓の膜から手を放してバチで打つと大きな音が響きます。これが脱力して共鳴している状態です。腹式呼吸で空気の圧力、スピードを獲得して、脱力して全身で共鳴すれば、声量がUPします!

声量がどうしても出せないといった悩みを抱えている場合は、次のようなことが原因になっている可能性があります。

声量不足の原因

  • 自分の声に自信を失っている
  • 呼吸に必要な筋肉が弱い
  • 脱力がうまくできていない
  • 腹式呼吸ができていない

何が原因になっているかは自分では気づけないことが多いので、腹式呼吸や脱力のトレーニングはボーカルスクールで専門的に教えてもらうことをオススメいたします。

声量を高める共鳴練習

共鳴がうまくできていると、頭全体が響いている感覚になって唇や鼻先もびりびりとした響きを感じます。イメージとしては口の中と鼻の中で音を響かせる感じになるので、この状態を獲得するための練習方法をご紹介します。

声量UPの共鳴!鼻濁音で発声練習

鼻濁音とは鼻にかかった濁音ですが、日本語の文字では表現できません。「んが」といった鼻にかかった濁音です。こちらもやはり喉を開くこと、腹式呼吸、全身の脱力が必須です。その上で鼻濁音のロングトーンをやってみましょう。唇や鼻がびりびりしてくれば成功です!

声量UPの共鳴!ハミングで発声練習

何度も繰り返しますが、喉を開いて、腹式呼吸、全身の脱力をしてください。そして口を閉じてハミングの「んー」という音でロングトーンをしてください。その状態からゆっくり口を開いてください。こちらも唇や鼻がびりびりしてくれば成功です!